JavaScriptの設定変更手順

windowsをご利用の場合

○ InternetExplorerのバージョンの確認方法
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ヘルプ] メニューから [バージョン情報] をクリックします。


○ Internet Explorer 5.xをご利用の場合
  1. Internet Explorer で、[ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [セキュリティ]タブをクリックします。
  3. [レベルのカスタマイズ]ボタンを押します。
  4. [MicrosoftVM]項目の[Javaの許可]の中から[安全性-高]または[安全性-中]を選択します。
  5. [スクリプト]項目の[Javaアプレットのスクリプトの中から[有効にする]を選択します。
  6. [スクリプト]項目の[アクティブスクリプト]の中から[有効にする]を選択します。
  7. [詳細設定]タブをクリックします。
  8. [MicrosoftVM]項目の中から[Java JITコンパイラの使用]を選択します。

○ Internet Explorer 6.xをご利用の場合
  1. Internet Explorer で、[ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [セキュリティ]タブをクリックします。
  3. [レベルのカスタマイズ]ボタンを押します。
  4. [MicrosoftVM]項目の[Javaの許可]の中から[安全性-高]または[安全性-中]を選択します。
  5. [スクリプト]項目の[Javaアプレットのスクリプトの中から[有効にする]を選択します。
  6. [スクリプト]項目の[アクティブスクリプト]の中から[有効にする]を選択します。
  7. [詳細設定]タブをクリックします。
  8. [MicrosoftVM]項目の中から[Java JITコンパイラの使用]を選択します。

○ Internet Explorer 7.xをご利用の場合
  1. Internet Explorer で、[ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [セキュリティ]タブをクリックします。
  3. 「インターネット」をクリックし、「レベルのカスタマイズ」をクリックします。
  4. 「アクティブスクリプト」の「有効にする」をチェックします。
  5. 「OK」ボタンをクリックします。


○ Firefoxをご利用の場合
  1. 「ツール」->「オプション」をクリックします。
  2. 「コンテンツ」をクリックします。
  3. 「JavaScriptを有効にする」をチェックします。
  4. 「OK」ボタンをクリックします。


○ Opera 9.xをご利用の場合
  1. 「ツール」→「設定」をクリックします。
  2. 「詳細設定」タブをクリックします。
  3. 「JavaScriptを有効にする」をチェックします。
  4. 「OK」ボタンをクリックします。


○ Google Chromeをご利用の場合
    JavaScriptを無効にすることはできません。
    正常に機能しない場合には、Internet Explorerなどのその他のブラウザをご使用ください。


Macintoshをご利用の場合

○ Safariをご利用の場合
  1. 「Safari」->「環境設定」をクリックします。
  2. 「セキュリティ」をクリックします。
  3. 「Webコンテンツ」-「JavaScriptを有効にする」をチェックします。
  4. ウィンドウの左上の「X」をクリックします。


○ Firefoxをご利用の場合
  1. 「Firefox」->「環境設定」をクリックします。
  2. 「コンテンツ」をクリックします。
  3. 「JavaScriptを有効にする」をチェックします。
  4. ウィンドウの左上の「X」をクリックします。